2005年06月16日

クイズの言葉のルーツは?

もともと、ある人がいたずら半分で考えたものなんだそうです。

アイルランドのダブリンで
芝居小屋の支配人をしていたデーリィという人物がその人。

自分が考えた新しい言葉を流行らせる!
と公言した彼。

出来るかできないか、友達と賭けをしてはりきりました。

その、はやらせる方法は・・・

町のあちこちに”クイズ”という言葉を書きなぐる!という行為。

それがうわさを呼び、この言葉の意味は?という話題になり・・
この言葉があっという間に流行った、というお話。

このことから、悪ふざけで意味不明の言葉のことを”クイズ”と言うようになり、

それがだんだん今のような意味に変化して・・・

世界中に広がったのです。

意外なルーツ:クイズのお話でした。


ブログランキングに参加しはじめました。
そうだったのか!ってあなた、クリックしてね♪

メインサイト


posted by りりか at 12:02 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか
2005年06月17日

傾国・・そんな女になってみたい?!

女なら・・いえ、男性も違う意味で?
ちょっと憧れてしまうかも。
でも・・やっぱり平和がいちばん!ですよね♪

傾 国
  ↓
  ↓
  ↓
それだけでも”美女”をあらわします。
”傾国の美女”って使い方のほうが一般的でしょうか?

続きを読む
posted by りりか at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか
2005年06月26日

暑くなってきましたね(ToT) 扇子が恋しい?

暑くなってきましたね。
去年、京都にいって新しい
扇子

をひとつ買いました。
空調が完備していても、扇子の風ってなんとなくいいですよね。
今年は特に・・空調の温度を上げて温暖化を防ごう!
  という運動が進んでいます。
My扇子
っていいかも♪


今日は扇子の由来です♪

扇子、っていかにも日本的なようでいて、
美術館で鑑賞していると、いろんな場面に登場します。
もちろん、日本のものよりずっと豪華で華美な装飾をともなって。

1説には、神主の持っている”しゃく”を重ねたもの と言われています。
一番一般的な説は、
コウモリの翼に似せて作られて物だというもの。

うちわは中国で発明されたものだけど、
扇子は日本で発明されたものが世界に広がった・・・。
なんとなくうれしくなるお話。

ただ、もう1説にはインドや中国のお経の形が扇子のもとになったというものも。
お経は薄い木片や紙に書かれて、糸でとじられていた。
それを緩めるとほぼ扇の形になるから。

もともと日本人は、”工夫して新しいものにする”というのが得意だといわれた民族。
いろんな影響を大陸から受けて
それを使いやすいように開発・改良を重ねてきた歴史がある。

きっと、3つとも本当の説。
どれかひとつに絞るのはむしろ変!と私は思う!!

いろんな歴史を感じながら、
新しい素材・新しいデザインと香りの扇子、今年も選んでみようと思います。


★ブログランキング参加中★そうなのか♪ってあなたはクリックよろしくね

扇子を扱っているオンライン・ショップのなかで、私のおすすめはここ


posted by りりか at 16:27 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか
2005年07月25日

Happy Birthday to you♪

お誕生日に必ず歌われる
   ・・といってもいいくらいおなじみの歌。

ひとりですごす誕生日にだって
こっそり口ずさんでみたりして(^^ゞ
Happy Birthdar to Me・・

この歌がアメリカで生まれた、っていうのは
なんとなくイメージできますよね。

でも、いつごろ、・が作ったの?男?女?

アメリカ・ケンタッキー州のヒル姉妹が作ったそうです。
1893年に生まれた歌です。
姉は音楽の先生、妹は幼稚園の先生。

最初は”おはよう”の歌だったらしいのですが、
なかなか人気がでない。
歌詞を”お誕生日おめでとう”にしたとたん大評判!

この曲にも印税が発生し、
この姉妹は印税収入で大金を獲得したそうです!(^^)!

ブログランキング参加中*応援してね-☆

バナー
posted by りりか at 22:20 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか
2005年07月28日

”お盆”の由来

”お盆”という言葉の由来は、
サンスクリット語の”逆さづり
を音訳したウラバンナがもとになっていると言われています。
”盂蘭盆”(うらぼん)”盂蘭盆会”(うらぼんえ)に変化し、
それが略されて”盆”になったとか。

じゃあ、なぜ逆さづり??

釈迦の弟子が、餓鬼道におちている母親を見て、
それを救いたい!と強く願いました。

そこで、釈迦に教えを請い、
7月15日にお供え物をして母親を救い出したそうです。

という説話から・・というのが一般的な説です。

ブログランキング参加中*応援してね-☆
現在、14位まで上昇中♪

マナーの麗人:お線香のたむけ方、こうやります

posted by りりか at 00:14 | 熊本 ☀ | Comment(1) | TrackBack(2) | そのほか
2005年08月13日

情報を守るシュレッダー、開発のヒントはなんと!

個人情報保護も叫ばれ、
ごみを捨てる時も宛名ラベルに気を配ったりしなきゃいけない今日この頃。

大事な書類を捨てる時に
お世話になるシュレッダー。

この開発のヒントは、意外なところにありました。

シュレッダー、日本の企業が開発した!
      というのも、意外に知られていません。

明光商会 という会社だそうです。

ごみ処理に機密処理の考えをいち早く取り入れて、
あれやこれや考えていた社長。

ふと頭に浮かんだのがうどんの製麺機!


たしかに・・書類を裁断して出てくるあの様子・・・
   言われてみると 製麺機を連想するかも?

でも、逆の発想って・・
やっぱり成功する人の考えは一味違うんですね(^^ゞ

なるほど!ってあなたはクリックよろしく



個人情報を守るシュレッダー

posted by りりか at 02:34 | 熊本 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか
2005年08月17日

水屋ってなんでしょう?

みずや と 読みます。

私、実はあたりまえのように使っていたのです。

食器棚のことを。

正式には、お茶室にある小さな台所のことで、
お茶の裏方の仕事をする場所をこう呼ぶのです。

そこから、台所などに置く食器入れのことを 水屋 と呼ぶようになり、
そこから家庭の台所もそう言う場合もあります。

なかなかまわりで通じなかったのですが・・
方言じゃなかったのね。

ブログ・ランキングいろんなブログが揃っています




全国発→沖縄旅行大好評発売中!!
旅ポケ.com

posted by りりか at 00:03 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | そのほか
2005年08月27日

9月1日は「防災の日」

もともと、1923年におきた関東大震災がこの日だったため、
それにちなんで1960年に制定されたものです。

この日は昔から日本で言われている二百十日でもあり、
自然災害を軽く見ないで備えましょう、という意味もあるといわれています。

ここ数年、世界的に災害が多発しているような気がしませんか?
なんだか自分のまわりにはおこらないような気がするのは人情。
でも、準備は万全に。

小学校の時から、なぜかしっかり My防災バッグを持たされていた私。
でも、中のチェックをあまりしてないなぁ・・と反省。

この日を機に、自分の防災意識&準備を再確認してみるのも
いい機会かな?と思っています。


いろんなブログ、そろっています
posted by りりか at 11:46 | Comment(1) | TrackBack(1) | そのほか
2006年12月20日

セレブってなに?

Wikipedia(フリー百科事典)によると、 セレブ、つまりセレブリティ(celebrity)は、次のように定義されています。
元来著名人・名士を表す言葉で、特別な権力や財力をもつ人間、もしくはそういったグループのリーダーや役職者を表した。 時が経つにつれ、芸能・スポーツにおいて、こういった権力者に匹敵するほど権力や財力を持つものが現れ、メディアにより彼らに強く脚光が浴びせられるようになると、メディア露出の多い芸能界やスポーツ界においての有名人の事をいうように変容していった。現在、日本ではセレブと略され、金持ち、優雅、などの意味合いで使用されるが、欧米諸国ではセレブリティという言葉自体に金持ちや優雅などの意味合いはなく、誤った解釈が広まったものである。
posted by りりか at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。