2005年07月28日

”お盆”の由来

”お盆”という言葉の由来は、
サンスクリット語の”逆さづり
を音訳したウラバンナがもとになっていると言われています。
”盂蘭盆”(うらぼん)”盂蘭盆会”(うらぼんえ)に変化し、
それが略されて”盆”になったとか。

じゃあ、なぜ逆さづり??

釈迦の弟子が、餓鬼道におちている母親を見て、
それを救いたい!と強く願いました。

そこで、釈迦に教えを請い、
7月15日にお供え物をして母親を救い出したそうです。

という説話から・・というのが一般的な説です。

ブログランキング参加中*応援してね-☆
現在、14位まで上昇中♪

マナーの麗人:お線香のたむけ方、こうやります

posted by りりか at 00:14 | 熊本 ☀ | Comment(1) | TrackBack(2) | そのほか
この記事へのコメント
情報ありがたう。
Posted by Salva at 2008年08月17日 06:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

施食会と盂蘭盆会
Excerpt: 【施食会と阿難尊者】 ちょうど、昨晩の“世界ふしぎ発見”でソグド人とお盆の関連について論じられておりました。それは、「お盆=盂蘭盆」の語源が何か?という話だったのですが、これが実際にはまだ諸説あって..
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2005-07-29 07:22

サンスクリット
Excerpt: サンスクリットサンスクリット (Sanskrit、संस्कृत) は、古代・中世に、インド亜大陸において公用語とし..
Weblog: 世界の言語
Tracked: 2005-08-02 21:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。