2006年07月09日

MOSってなに?

「MOS」は、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の
頭文字をとったもの。
実は、「MOS」と呼び方は、マイクロソフトが認めた名称ではありません。
「MOUS」と同じ試験で、試験内容自体にもほとんど変更はありませんが、
2003年11月1日から名称が変更になりました。

それと同時に、
「MOUSってマウスを使う技術の試験なの?」という誤解を生むこともあった
この略称を廃止することにしたのです。
略称を使わないほうが試験内容がわかりやすい、というのが変更の主旨です。

Microsoft Office User Specialist
(マイクロソフト オフィス ユーザー スペシャリスト)
        ↓
Microsoft Office Specialist
(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

と、少しは名称が短くなりました。

この名称でわかるとおり、
マイクロソフト オフィス スペシャリストは、
マイクロソフトがオフィス製品(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルック)を
どれだけ使いこなせるか、機能を知っているか、という能力を証明する資格認定制度です。

この「知って納得雑学ブログ」しばらくお休みしていた間、
マイクロソフト オフィス スペシャリストについてのブログを作っていました。

MOSについてもう少し詳しく とか
独学でもいける? とか まずはこちらをご覧くださいね

posted by りりか at 03:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン便利ワザ
この記事へのコメント
おはつです。なんとかがんばってる俺を応援してほしいですwww
Posted by 川田 at 2006年07月11日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。